教室の理念

ov60電子工作倶楽部の「超入門電子工作CLUB」にご興味戴きありがとうございます。

 


講師メッセージ

社長

 

ジミー先生こと中村創です。

大手商社系のIT企業でスーパーコンピューター・エンジニア、米国駐在で先端技術調査、マイクロコンピュータ機器の開発に従事後、起業して映画VFX特殊撮影・合成、CGゲーム開発、デジタル・アニメ―ションの企画制作、ICTシステムの企画・開発に携わり、現在は、”発想を知財に”をキャッチに、”楽しいモノを作る会社”として、様々な製品やサービスの企画・製作・販売を行っています。
(米国の大手発明管理会社と海外ファンドとの業務の為に上記詳細履歴書を作成しています)

今、予測不能の時代と言われ、世の中がAIやIoTで制御/運営されていくデジタル社会になりつつあります。そんなデジタル社会で生きていくために、特に子供たちは、デジタル機器の操作ができる事だけでなく、「21世紀型スキル(創造力、課題解決力、クリティカルシンキング力)」を身に着けておくと、社会に出てからも様々な分野で能力が発揮でき、便利で楽しい暮らしができると考えています。

ラズパイを使った電子工作とプログラミング学習は、デザイン思考を意識しながら工作を行うことで、「21世紀型スキル」に加えてSTEM(理数技術系)リテラシーを育むことができます。

当教室は、脳を活性化することが目的です、プログラムを習得したり学習カリキュラムの消化ではなく、課題解決能力アップを重視しています。

教材に世界の開発エンジニアも使う Raspberry Pi を採用したのは、低価格ですが立派なオペレーティングシステムで動くコンピュータですので、コンピュータの仕組みからネットワーク接続などIT技術リテラシーの獲得効果が格段に高いからです、通称「ラズパイ」は、ネット上に製作事例が沢山上がっていますので、それをヒントに工作を進められる事も採用した理由です。

この教室をきっかけにして、スマートで楽しい電子装置のアイデアを発想して戴くこともこの倶楽部の役目としておりますので、
電子工作だけをお教えするのではなく、アイデア発想の方法や製品開発へのお話しもして参ります。

まずは、21世紀型スキルを育みつつ便利で楽しい電子おもちゃをデザインして作りましょう。

挑戦、お待ちしています。