Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

苦しい誕生日弾丸富士山登山でしたが・・・無事登頂

今年も、恒例の「誕生日富士山登山」に挑戦しました。

今年は、クロスバイクも始めたので、輪行で四国を走ろうかと考えましたが、
仕事が忙しくて、バイクのホイール脱着のリハーサルができなく、今回断念。

9月のイベントに向けた段取りに忙しく、メガソーラーもサイト開発(土地の確保)が忙しく
14時まで事務所に行き仕事して、近所のマツキヨでアミノ・バイタルを購入して、

一旦、家に戻って、準備をし、すぐに新宿に向かいました。
22日16時30分 新宿発の「かいじ115号」で大月まで

0823 fuji17時32分 大月到着
ここから、富士急行線に乗り換え
22日17時44分発、富士山駅に向かいます

車内は、空席だらけでガラガラでした。

22日18時28分 富士山駅到着
0823 fuji周りは、少し薄暗くなってきた
バス停に向かう(切符はバスで買う)
22日18時45分 バスが5番線に入ってきた
乗ったのは、日本人5人、外人12名でした

22日20時05分 富士山五合目(吉田口)に到着
0823 fuji売店で毎度の買い物と最終トイレ(笑)
水(200ml)と金剛杖(1000円)を購入
今年から「富士山保全協力金」名目で登山券
(1000円也)

登山路に新たに窓口が作られ強制ではないと言うが、
声をかけられて知らんふりをする人は、いないと思う。

数人ずつグループになって暗い登山路に消えていきます。
ひとりグループの出発(笑)
20時30分 真っ暗な登山路に、LEDランプをたよりに歩き始める
眼下に街の灯りがくっきり見える、下は快晴、上は曇りだ

0823 fuji22日20時46分(2390m) 
管理センターに到着
ここは、結構、人だまりがある。

ここまで来ると体も暖まり、気持ちも登山モードに、
風が冷たい、寒さ対策にゴアテックスのヤッケを着る。

ジグザグの斜面が、嫌になるほど続く、続く

22日21時54分 七合目(2710m)の太子館に到着
0823 fujiいや〜、長かったな〜
体調は悪くないが、風が強くてまいる
強い向かい風だから体力が消耗してる、

更に寒さもあって、自身のパワーが発揮できてない。

22日22時00分 七合目(2740m)トモエ館に到着
0823 fuji寒さを除けば脚は問題ないし、イイ感じ
ただ普段運動をしていないからか、
息の切れるのが早いなぁ

やっぱ、年には勝てないか(笑)
いや、単なる運動不足だろう


22日22時21分 七合目(2800m)富士一館に到着
0823 fuji寒い!
強い風にずっと当たり続けていくと
体感温度が低いとかの問題でなく・・寒い
ここまでくると疲れも・・でも行くしかない


22日22時42分 「東洋館」(2900m)に到着
0823 fujiガスと言うか小雨と言うか、
冷たい湿気の多い風が頬を凍らせ寒気がする
ここで、長めに休憩を取ることにする、


おにぎりとエネルギー源(アミノバイタル)を食べて・・
フリーズを着込み、更にヤッケの上に防水カッパを着込む
風対策には、防止カッパはいい

22日23時42分 八合目「太子館」(3100m)に到着
0823 fuji三千メートルを超えた、ホッとする
ここが、自分の頑張りの
ひと区切りだから・・・




ここまで、沢山着込んでいるので、寒さはしのげていますが、
一方、酸素が薄いおかげで、心臓が苦しくなるのが早い
血中の酸素量が足りないからだと思う・・・
酸素タブレット飲むが・・・効いていない感じ

動いていれば、人は体温を保てるが、苦しくて休んでばかりでは、体温を保つのは難しい、加えて、後ずさりするような冷たくて強い風に当り続けると、体温は当然のように下がっていくし
「苦しい、寒い〜」、来年は、もう来たくないなぁと思う瞬間(笑)

22日0時0分 登山道の途中で座り込む・・アカン、寒い〜
ここで、新カノに電話をした・・・元気をもらおうと、
すぐに出た「私、富士山登山中、電話をもらったのは初めて〜」(そうだろう)
「お誕生日おめでとう」と言われ・・(単純に嬉しい)
多少、精神的に弱っていたので、この電話で少し元気が出た・・
体力が戻る訳がなく、少しだけ元気に(笑)

23日0時50分 八合目白雲荘(3200m)に到着
0823 fujiここまで来た、やっと、だらだら坂が終了
しかし、とにかく寒いなぁ
寝ていないのもあるが、風、強過ぎ。


体感的には3度ぐらい低いだろうから、3度以下かな?
ここで、残りのおにぎりを食べてエネルギーを補給する。

23日01時22分 八合目「元祖室」(3250m)に到着
0823 fuji寒い。寒い。
ホットココア(400円)を頂くが・・・
全く体が温まらない・・小指が痺れてきた


山小屋の人から、上は、更に風が強く温度も低いと言われた
このまま登っても、頂上の小屋は開いていないし

★強風の吹く山頂で、ご来光を待つのは危険と判断した。
(途中休憩で時間調整をしよう)

23日02時23分 本八合目(3350m)トモエ館に到着
ここは、冨士山ホテル、江戸屋など山小屋が密集する所
ここで、小屋に避難して体を温めることにしたが・・・
トモエ館は、満員が理由に断られた。

江戸屋さんで、なんとか受け入れて頂いた。(3時間4000円)
トン汁(600円)を頂いても、頬は冷たいまま、手は痺れてきた。
50僂阿蕕い凌欧襯好據璽垢鯆困、風のない所でしばしの休息
周りの人の体温で暖まってきた感じ(笑)

23日04時23分 起床(寝てないけど)
0823 fuji体は完全に戻った。
太陽が出てきそうな薄明るい空になったが、
外は、相変わらず風があって雲の動きも早い


この写真も、雲が流れ、切れた瞬間に撮っています。

23日04時45分 本八合目(3350m)江戸屋さん前
0823 fujiこれより上は、ガスで全く視界がないので、
ここで、ご来光を見ようと・・・皆さん待機
途中の宿から登ってきた人達も加わる


風でガスが抜けるとワーと歓声が、「見えた〜」

23日05時05分 
0823 fujiこんな美しい情景が・・・
雲の切れた、一瞬だけ見える。
疲れを忘れる一瞬ですね。


23日05時07分
0823 fuji皆さん、カメラを構えるが
ガスが晴れないと太陽の光さえ見えません。
一瞬の雲の間に、シャッターを切ります。

これより登っても、天候は悪いし、風も強いので、ここで降りるのも決断ですと山小屋のアドバイスが有りましたが・・・もっと、土砂ぶりで苦しい時もあった、今回は休憩したし・・と自分を奮い立たせ、
更に、上を目指すことに決めた。(やめられない理由もある)

23日05時37分
0823 fujiすっかり、太陽のない世界が
苦しい登りが続いて・・・
まもなく九合目です。



23日06時05分 最後の「胸突き八丁」
0823 fuji九合目からの、
急斜面を一歩一歩登ります
ご覧のように、前の方が登ると自分が登れる

横を通り抜けようとすると、落石の危険が高まるのでNG

23日06時27分
0823 fuji頂上への鳥居が見えた、狛犬もいるぞ〜
「やった〜」の気分で、
つい廻りの知らない人たちにも、
「おめでとう、お疲れ〜」を言ってしまう自分


23日06時31分
0823 fuji恒例のショット
山頂の証(石碑)と共に、撮って頂く
風は強いが、ココまでくればの思い(笑)

このあと、山頂の神社に参拝し、
昨年のお札を返して、今年のお札を頂く、

「六根清浄」のお札を頂くことも忘れずに・・・

いつもの、山頂の休憩所「東京屋」、カレー(1300円)を頂く
腹ぺこだったから、「旨い〜」、身も心も温まる。


23日06時43分 外は、雨風が強くて・・
0823 fuji
現在、進行中の Peach Project 成功を祈願、
富士山山頂の久須志神社内でショット
(神様、ごめんなさい)

これで、必ず動き始めるぞ〜!



23日07時26分 さあ、下山だ
0823 fujiお腹も落ち着いて
体温も回復して来たので下山します。
ご覧の様に、・・・・・

普段は沢山の人がいる山頂山小屋の前ですが、
早めに下山している事と、途中山頂断念の方々もいるし
人っ子一人いません。


23日07時36分 10分程下りると・・・
0823 fujiだいぶ降りて来た感じ
雲も晴れて、下がよく見える
ほんと、富士山って高いんだなぁ


23日08時06分 本八合目の分岐
0823 fuji吉田口と須走口の分岐点手前
これから山頂を目指す方々と、交換
彼らは、悪天候の山頂を目指してる〜複雑


23日08時16分 本七合目(3140m)見晴館
0823 fujiもう七合目まで下りちゃいました
脚力だけは万全だし
空気があれば、息切れなんてないので、
ある意味、スイスイてな感じですね。


23日08時55分 七合目(2920m)「大陽館」
0823 fuji
全く、疲労感などなく太陽館に到着
昨夜からの弾丸で24時間程寝てないが、
数時間前、寒さで死ぬかと思った自分は、
どこに行った?

そんな感じで、完全に元気回復です。


23日09時11分 さあ、最後の須走ばしりだ
0823 fujiこの斜面を、
滑る様に大股で走り下ります。
(靴底は間違いなく減りますね)

ひざも痛くないし、順調に下って行けてます。

☆ところが、
この最後の下りのところで、油断から前のめり転倒
左手のグローブは破れて・・、右腕は、あの溶岩ガラ石に激突
(腕を擦り剥いた〜)
寄りによって、半袖に着替えてから転んだ(大笑)

23日09時43分 一応の終点、須走五合目に到着
0823 fujiここからは、20分程山の中を下れば
御殿場行きのバス発着所に・・・・
途中、千葉のプロサーファーと彼女と意気投合
おしゃべりしながら、山を下りてきました。


23日10時50分のバスに乗って、御殿場駅に・・・
「あちゃー」
13時発の新宿行き特急「あさぎり号」が車両故障で運休

23日12時30分 御殿場線普通電車で国府津に向かう事にしたが、
超満員の電車で立ちんぼだって、
寝てない、疲れてるが、40分間の立ちんぼ(笑う以外無し)

23日13時11分 東海道新幹線小田原駅〜東京駅行きに乗って

23日14時30分 神田経由で、無事、自宅に戻りました。
速攻、シャワーに入って、汚れ物を洗濯して・・・
16時〜爆睡・・・

24日06時23分 ・・・・翌朝、目覚めた。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other