Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

映画「移動都市」とZOIDS の世界観とデザイン

映画「移動都市」をご覧になりました?
都市が駆動装置を持って移動する物語・・です。


「街全体が移動する」
SFならではの発想で、何とも言えないワクワク感
現実社会に生きている我々には・・「出来っこないじゃん」

昔映画で観ていた未来感タップリのギアやサービスが、今は手の中に
だから・・「出来っこないじゃん」って大事なんです。

Mortal Enginesこの世界観は・・不思議に引かれる世界です
「なんで?」理由はわからない
だって、”砂ぼこり”有り有りの世界だし(ふふ)
説明はできませんが、何となくカッコいい
未来型ハリウッド作品と共に、
創造力を加速させてくれる世界ですね


先日、知人が主催する「ゾイド・バトルストーリー」展示に・・
特撮好きな私ですが、ファインダーから観えた世界が有りました。

ゾイドは、トミー(現タカラトミー)が展開した動物型メカ玩具シリーズで、2018年年初時点でキットの累計出荷数は4400万個以上、累計売上は830億円以上と凄い

battle Zoids
ヘリック共和国とゼネバス帝国の抗争という
バトルストーリーが与えられ世界観が見えてきた

ゾイドが移動する中、ガレキに兵士が・・


battle Zoids
砂ぼこりの中から現れるゾイド
プラモデルとは思えない質感がでますね
粉塵はドライアイスで効果を作っています
撮影は、深度を浅めに撮る方が背景が邪魔しない


battle Zoidsバトルストーリーを成立させる為には
動物型メカ玩具を組み立てると・・彩色したくなる
するとバトルシーンが見えてくる

そして、遂には、世界観の箱庭が欲しくなる・・
それが、「ジオラマ」です

「バトルストーリー」のジオラマは、知人の「スフィウスLAB」が担当しました。

battle Zoidsこれは、あえて兵士に焦点を合わせてみましたが、
粉塵の有る無しでは、全くリアリティが違いますね。

映画やテレビでもセットやロケ先で
スモーク入れたり、雨降らせたりして
演出として情景を作り出しています。

battle Zoidsこれも良いですね
背景のオレンジの照明が独特の世界を作っていますね

今度は、これに動きを組み入れるそうです。
・・で登場するのがマイコンやLEDとかサーボです

ゾイドの世界に限らず、自身で考える情景をデザインをする
オリジナルのジオラマを作って見たら如何でしょう。

先ずは、お気に入りのプラモデル作りから・・
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other