Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

令和時代に意識すること(ひらめき)令和元年 05月01日

令和元年 05月01日 朝 7時23分、夢の続きで脳に浮かんだこと
令和時代に意識することかと思い、記録として書いておきます。

「動き(時)を意識し葉とすべし」

自分でも意味が分からない、思うに・・その意図するところは、
零+零+零+零+零+零+零+零= 0
零が8つで”レイ八”(これは冗談;笑)

零の和、算数的に解答はゼロですが
この文字列のエネルギーはゼロではなく値を持ちます

「零+零+零+零+零+零+零+零= 0」と
書いたり話すことで様々なエネルギーが使われますが、その消費したエネルギーは、この「文字列」に蓄えられます。

次に、この文字列を見たり聞いた人は、「何?」と考え脳が答えを探し
何らかの動きを行うので、エネルギーが伝搬したことになります。

話や歌を聴いたり作品を見て「パワーをもらえた」って言うのも、
あながち外れていませんね。

人は互いにエネルギーを与え合っていますが、この令和からは、よりエネルギー準位の高い「動き」を伝える様になります。モノを動かす事で情報量を増やし自分の意図(物語)を伝える事が容易になるからです。

SNSやWeb等も益々動画利用が活発になると思います。
動画で伝える際の注意点が、それは意図しないエネルギーが伝達される事が多々あります、背景に映り込んだモノやコトが高いエネルギーを持っていると貴方のエネルギーは半減します。

ここまでお読み頂いて進んでくると・・何となく気付かれたことと思います。
そう、伝達エネルギーとは、「深層(心)」に与える衝撃量ではないだろうか?

衝撃量とは「値の強さ」です
人は何かを認識すると、その特徴点を捉え加点(neuron化)し特徴値とする。特徴値は無意識に目や耳から入ると加点し、意識的に体験すると加点するので日々増加する。その加点するタイミングで特徴値に応じて深層に伝搬する、特徴値が大きいと脳への衝撃量も強くなる。
(まるで見てきた様に書き綴りますね;笑)

neuron特徴値は、別の特徴値と繋がり網を形成しているので、他の特徴値の変化でも加点します、それらを含めて取り出す情報単位を特徴量としてます。(勝手論)
私たちの生活での動きは、全て心理(脳)から指示され
行動を決めています。
二択で決められない人は特徴値を加点できてない人

因みに、脳はスマホ(ハード)で心理はアプリかな

心理を刺激する端末(スマホ)が生活に浸透し真偽陰陽善悪が混在し熟してきたので、脳はいち早く動き(意図)が欲しくなるのだと考えています。

ここから、多くの人が ”動き”の表現を模索始めることでしょう。
(インスタの”映える”を探す様に)

「TikTok」とかは、感情を刺激するエネルギーに満ちていますね。

飾ってある写真や模型が動き出したら・・何かが変わるかも
いつも家にいるあなたが外に出たら・・・何かと出会うかも
スマホで何か見つけたら実物を見よう・・何かを閃くかも

”木々が脈々と葉脈を通じて養分を葉全体に広げる”様に
「動き(時間軸の変化)を持って自身の考えを広げていく」的な意味と考えます。

「なんの事?」とお思いになるでしょう。
「僕もまだ漠然としています」
そもそも、夢の閃きに論理性や理屈などないので、ご容赦を

起き出して、作ったイメージがこれです・・
令和時代に意識すること モノが動くにはエネルギーが必要
=動きで心が変化するのはエネルギーが伝達されたこと
無機質なモノでも動くと心に響く
求む動作は単一機能を持つ部品の集合体で実現できる、能動的に動きを持続したいなら CPUとcode が必要で、自律的な動きを望むなら人工知能を使うが良い

集合体には異質なものの存在や種の混在するケースもあります。
それらを組み合わせて ”MADE” するとGOLD「金」に変わる。

異質なものや種の異なるものと積極的に和をつくる事が大切。

そう、令和時代は、動きを取り入れ異質なモノ(者)と行動する時代になる。

主婦でも高齢者でも”留まる事なく皆が動ければ”地域は活性化する。
その為には「安価で安心して動き動ける環境」を準備することです。

留まっている「モノやコト」に意識と興味を持って・・”それ今考える時”です。
「これを動かしたらどう伝わり何が変わるか」を考えます。

「良く分からないですか?」(ふふ)
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other