Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

産まれる前?幼少期はどう?を振り返れる「夢の図書館」に

今、趣味や仕事で関わっている分野について
自分が産まれる前は?幼少期はどうだった?が振り返れる?
「夢の図書館」に行ってきました。

今日は18日、観音様の縁日です、朝、浅草寺に行くと・・
そうだった、神輿が浅草中を練り歩く「三社祭」の日でした。
今日(19日)は、”本社御輿”三基が町中に出ます、是非、浅草に

神田駅でJRに乗り換えて・・立川経由”東青梅駅”に向かいました

夢の図書館約100年分の技術雑誌があるの?
そうです往年の子供やマニア向けの技術雑誌が
所蔵されていて読むことが出来る夢の図書館です。
雑誌だけでなく、技術大好き少年が通った道の
アマチュア無電機やマイコン機も並んでいます
タイムスリップ出来る事間違いない施設です。

場所は、青梅市”東青梅駅北口”から歩いて3分程度の便利な場所です。
因みに、有料になっていますので、一度、ご連絡してから行かれて下さい。

私も、タイムスリップ体験してきました
創刊号が子供の頃に読んでいた雑誌が
小学生時代は、「子供の科学」を父から与えられ
中学に入ってからは、「ラジオの製作」にハマり
高校からは、アマ無線にハマり「CQ」を読んでいて
入社後は「トランジスター技術」で知識を蓄えました


自分を育ててくれた雑誌の”創刊号たち”です
勿論、初めて”触れて””読み”ました。
ネットで表紙は見かけますが、その中身が読めるんです。

科学書報の創刊号初めてと言えば、「この雑誌」

産まれる前の技術雑誌って?「どう」って
奥の書庫から出してきて頂きました。

1923年4月(大正十二年)発行の「科学書報」創刊号
「うっ、九十六年前の本、古」ですね。


この本で目を止めた記事はと言うと・・・
1923年の技術記事あのアインシュタインの来日後の記事
記者によれば、
多くの聴講者が話を熱心に聞いていなくて(同時翻訳ないし)
来日時の大歓迎とは裏腹に、出国は寂しい見送りだったそうで
日本での「相対性理論」への先行きは?
「この先、どうなるんだ」・・だったそうな

研究者達の嘆きの情景が見えますね(笑)

次に、目を止めた雑誌が ・・
科学知識1925年夏号1925年(大正十四年)発行の
「科学知識」夏号です。
夏休み、蝉の声を聴きながら、木洩れ陽の下で
情報の少ない時代だから本は貴重でした
未来に夢を膨らませながら
読んでいたんだろうなぁ



この本で気になった記事を・・
1925年夏の技術記事最新都市交通を調べた記事
東京都(当時は東京市)の職員さんか?
海外の地下鉄やモノレールが紹介されています。
今から、94年前の東京です
鉄道マニアは居たと思うので・・
ワクワクしながら読んでいたのでしょうね。



それと、ふと目がとまった記事
1925年夏の技術記事アメリカの「超高感度短波受信機」の分析記事でした
回路図と特徴的な動作概要が書かれています。
・バンドスプレッド方式の採用
・信号対雑音比(S/N比)の改善
・胸部発信機の工夫などなど
約100年前の話ですから・・・

この後、日本は悲しい戦争を体験しますが、この通信(暗号も含めた)技術の差が「決定的な敗北」に繋がります。作戦とは本部が作り上げる実施計画ですから、その内容が素早く正しく伝わらなかったり、内容が漏れたりすれば、手の内を読まれてひとたまりがない訳です。
これは、今の時代にも言えますね。

この「夢の図書館」の売りは、100年間の雑誌だけでなく

憧れのマイコンも往年のマイコンが多数展示されています
写真は、コモドールのPET、アップル社のApple-II
共に、憧れのマシンでしたね、手に出来る人は僅か
これ以外にも、製造メーカーさえ驚く機材が・・
公的な展示会より濃いです、必見の価値あり


ちょっと驚きの機械も、展示されていました・・

レジスタと銃ってそう機械式の計算機です
製造メーカーは、ワルサー製とレミントン製
「ン?」聞いたこと有りませんか?、会社名
そうです、両者とも銃の製造をしています。
レジに強盗がきたら反撃するオプション?
・・で銃も作って売ってる?「違います」(笑)

「夢の図書館」わくわくで満載で時の経つのも忘れました。

因みに、この図書館の主宰(吉崎氏)はマルチメディア創世記に出会った知人で、往年のマイコンを見ながら、当時のエピソードを話したり、楽しい一日を過ごしました。

是非、一度訪れては如何でしょう、お勧めします。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other