Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

3月3日桃の節句を期に、身を清めコロナと闘う

国の策の甘さから世界から門を閉じられ始めた我が国、経済損失は弱い個人から国際企業に広がって行く、そんな中で3月3日は、女の子の健やかな成長と健康を願う「桃の節句」です。

「桃の節句」と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、桃は魔除けの効果を持つとされてきたから・・
中国で生まれた「節句」という考えが奈良・平安時代のころ日本に伝わった様です。
中国の陰陽道では、1・3・5・7・9の奇数を「陽」とし、同じ陽数が重なると強い陰をなすとして恐れられ、良くないことが起きないように、身を清め、お供えをして、邪気祓いを行ったとのこと

この3月3日を界に、ここから身を清めコロナと闘いましょう。

お節句の浅草寺平年では考えられないお節句の浅草寺
時間は、9時30分
お天気は、青空の上天気
気温もこの時期にしては暖かい

まさに参拝日和です。

護摩札で、厚労省と専門家の一部の方々に、組織や面子を守るのではなく国民の命を守る事を優先する行動をして欲しいと”心願”致しました。

この3月3日を期に、日本国内にいる人全員でコロナと闘いましょう。
この困った状態を抜け出すのは、感染しない行動よりも感染させない行動です。

お節句のSkyTree久々に隅田川畔を歩きます。
花壇には可愛い花が咲いて
空気も心地いい

親子の散歩姿や
時折、ジョギングの方々と行き交い

青い空に雲が美しい 「青空って、気も晴れます」
青空ここはコロナ騒動から隔離されてる感じだ
水辺で身を清めるのは、節句の儀式だし(ふふ)

一斉休校の中、ストレス解消に、青空の日は
子供たちを連れて、広い公園や河畔散策は良いかも
でも、公共交通は怖い、アクセスが課題

ずっと事務所に出ていないので・・久々に・・表参道に向かいます。

オカメザクラ昼、電車に乗ると空いてた(ホっと)
皆、人との間隔を開けて座っています
皆、なんか元気がない、でも見る目が怖い
「これが疑心暗鬼の空気感」ですか
静かな車内でしたが・・
一人大声で会社の陰口を叩く女性 (耳に付くなぁ)

この息詰まる状況のまま表参道まで行けそうになくて・・
三越前駅で下車(参った)コロナとの戦いに負けた私です。
日本橋オフィスで仕事をする事に変更しました(^^)
事務所ビル近くの通り沿いに花が咲いている。「桃の花?」
「オカメザクラ」だって、「こんな時、Pinkってイイね」

オフィスでは、明るくスタッフが迎えてくれて、コロナも忘れ仕事に集中
開発中Robo装置のwire systemの設計です、水中100m先までの電源供給と信号の送受信を1本の複合ケーブルで実現したいなと思考中、送受信ドライバーはGPIOかシリアルで・・
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other