Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

念願、長崎五島の撮影がGoToで実現できました

2月の豪州の旅以来、コロナ禍で撮影の旅ができてません。
6月にシチリア島一周撮影の旅を考えていましたがイタリアなんでとんでもない
そんな23日、テレビでGoToトラベル+地域クーポンのお得感をふき込まれ
「念願の五島列島の旅を」と調べると・・手頃なJAL長崎パック発見

早速、JALサイトで、飛行機+宿泊セット4泊五日を予約しました。
九州商船の五島福江島への高速船と島でのレンタカーも予約

火曜日:12時30分発のJL609で長崎空港に向かう
長崎空港からは、バスで40分ほどで市内”長崎新地”へ

長野路面電車15:30分 ホテルに荷物を置いて
グラバー園に向かうことにする
交通手段は、長崎路面電車を使います
ホテル近くの”新地中華街”駅から”石橋行き”に乗って”大浦海岸”駅まで、ここから少し歩きます。


大浦天主堂グラバー園までは、観光商店街の坂を登ります
修学旅行の生徒たち、国宝大浦天主堂
一般旅行者は、あまり見当たりません
間も無く閉館時間だからかも知れませんね
因みに、グラバー園の入場料は大人620円


グラバー園園内には、いくつもの建物がありますが、
肝心のグラバー邸は、工事中でした
写真は、グラバーカフェです
間も無く陽が沈むマジックアワー
斜めから差し込む光がきれいです


長崎港
写真は、グラバー園展望台からの長崎港
手前に長崎造船所
左端に”女神大橋”が見えます


夕食は、中華街の「京華園」で、長崎ちゃんぽんと餃子

2日目:今日は雲仙地獄を撮りに行きます。

大浦海岸にあるトヨタレンタカー で車を借りて(前日予約)
34号線から251号園を経由して雲仙温泉に向かいます

雲仙温泉地獄約50km、2時間余りで雲仙温泉に到着
有料駐車場に車を止めて、”雲仙地獄”に歩く
至る所から噴煙が噴き上がってる
”大叫喚地獄”は音も噴煙も凄かった
写真”お糸地獄”温泉玉子工房がありました


白雲の池駐車場から5分ほどのところに
”白雲の池”が有ります、キャンプ場です。

透明度の高い池、大きな魚が見えますね


帰路、251号のドラブインで、長崎ちゃんぽんを食べて
ペンギン水族館周辺で116号に、長いトンネルを通って34号に

14:40分:早目に長崎市内に戻ってきたので、車を返却してから
平和公園路面電車で”平和公園”駅に向かいました
大通りからエスカレーターを乗り継いて行くと
公園の入り口に噴水があって
その先に、有名な”平和祈念像”
公園の反対側の”爆心地跡”も見学しました。


長崎路面電車長崎路面電車は乗り易くて便利ですね
東京地下鉄のパスモで乗れましたし
後ろ乗りでタッチして前から降りる時にタッチ
初めて乗っ際に、乗客から教わりました(^^)
料金は、一律130円


夕食は、中華街の「龍園」で、特製ちゃんぽんと小籠包

3日目:今日は、念願の五島列島に向かいます。

高速船ジェットフォイル7:40分:長崎港ターミナル発
高速船ジェットフォイルで五島福江に向かいます
満員ではありませんが70%ぐらい
窓口で予約番号を言って往復を購入
往復で 12,800円だった様な(笑)

朝が早かったので、福江港ターミナルで、アジの一夜干し定食を頂いて

浦頭教会レンタカーを借りて、10分ほど走った所で
早速、教会が見えてきました
回り込んで撮影したのが、
”浦頭教会”


”浦頭教会”から5分程で海岸線に出ました、更に進むと
堂崎教会道の中央に「ここから歩きましょう」の看板が
駐車場に車を停めて、バスが停まってます
海岸線に沿って歩いていくと教会が見えました
写真で紹介される”堂崎教会”です。
多くの方が観光に来られていました


広い道に戻って東に向かって走ります
戸岐大橋坂を登って行くと戸岐湾に出ます
真っ赤なきれいな橋が出てきました
青い空の中の真っ赤な橋
これは撮らねばと停車して撮影
"戸岐大橋"


ここから、細い山道をひたすら走ります
島の縁を走っているハズが、木々で海は見えません
水の浦教会すれ違うのはできないぞと思う道幅が殆どで
約30分ほど走りましたが、幸い広い場所で1台
11:50分:到着したのが、”水の浦教会”
丁度、シスターがお昼の鐘をつく場面に遭遇
魚津ヶ崎の集落と青空に鐘の音が響きます。


10分ほど走ると、道の駅(遣唐使ふるさと館)がありました。
バスが止まっていてみやげ物を観光客が見ています
トイレ休憩と飲み物を調達します。

ここから”三井楽町”を目指しました
辞本涯(空海の碑)三井楽の先端に空海さんの碑があると
三井楽集落を抜けた突端に小高い場所が
有りました、灯台と"辞本涯”の碑と空海さん
青空と海風が気持ちいです、
時間は13時00分、ここでゆったり


途中、三井楽教会に立ち寄って、南下します
貝津教会20分ほど384号を走って、脇道に入ると
”貝津教会”
中のステンドグラスが綺麗です
薄暗さが全く無くて
何も考えずにずっと座って居たい空間
そんな教会でした

更に384号を南下しトンネルを抜けると開けた
高浜海水浴場です、人はいませんでしたがキレイ

13:50分 ;ここから島を縦断して福江港まで約40分
長崎戻りの船は、16:05分発
福江島の北半分は走破したけれど、南半分は無理だな
でも、あと30分ぐらいは何処かに立ち寄れる。

海岸線の384号から、縦断路27号に曲がる寸前に・・神社が
ここは立ち寄れとの導きまではと・・消防団に聞いて細い道に入る
七獄神社5分殆ど走る(奥深い)、山の中に神社が現れた「おお」
”七獄神社”です
源平壇ノ浦の合戦に敗れた平家の公達とその郎党が五島に落ち延び自刃、伝説そのままの雰囲気の神社でした


15:15分:約80km走破しレンタカーを返却、時間があるので福江港ターミナルのレストランで、長崎ちゃんぽんを頂いた、これで長崎チャンポン何杯目

夕食は、ホテル内中国料理「桃苑」で、麻婆豆腐、海老チリ、玉子スープと小籠包

4日目:今日は長崎を一望する稲佐山展望台に登ります。

宝町路面電車”新地中華街”から1系統で"長崎駅前の二つ先
”宝町”で下車、ここから歩きます。

結構歩きます。
途中、三菱の野球グランドがありました


淵神社の境内がロープウェイ乗り場でした。
往復で1250円也、全面ガラス張りの車体
稲佐山展望台天気バッチリ、長崎が一望、稲佐山展望台
丸い展望台なのでシームレスに全周観える
朝、野菜ジュースだけで来たのでお腹すいた
11時にハンバーガー屋さんが開店、やっと
美味しかったです、行かれたら是非

稲佐山(長崎港)長崎港側のビューです。
昨日乗ったジェットフォイル船も見えます

The Nagasaki ですね
軍艦島は空気層の乱反射で形の確認がやっと

スロープカー稲佐山展望台に設置されたばかりの
長崎稲佐山スロープカーです
Apple Mapでもまだ見えません(笑)
料金は往復500円也


ロープウェイもスロープカーも景色も、ナイトモードを体験したいかな

メイン機はニコンD850で、サブ機ソニーRX10M3で撮ったのがこれ
Zoom長崎超望遠600mmデジタル1200mm相当で撮影
・ジェットフォイルの高速走行シーン
・稲佐山展望台からの軍艦島
・長崎空港でのANAの離陸準備
・満月は30日に中華街から撮影


長崎駅”長崎駅前”駅です。
昼食は、駅ビル「すし活」で刺身盛りと握り寿司
GoToトラベルのクーポン残高が13000円分
駅ビルの東急ハンズにきました(ふふ)
「欲しいものないなぁ」

まだ、15時で明るいので・・出島に立ち寄りました(入場料520円)
出島教科書で習った出島
あの出島の場所にコレ造ったんだ
石垣が残っていてガラス貼で見れる「凄い」
鎖国貿易の要所ならではの品々が展示されて
当時をしのばせる内装展示もされていました。

 
夕食は、「OTTO出島」で、チーズケーキ、海老アヒージョと生ビール

5日目:今日は帰京するので近場を撮ります。

長崎ならではの唐寺を撮りに行くことにしました
長野路面電車内部崇福寺に行こうと路面電車に
崇福寺行きで終点です
土曜日の朝の8:08分ゆえに
終点まで乗る人は、私一人で
車内を撮影することが出来ました


崇福寺「おお、中国だ」
まさに中国に居るような雰囲気の
"崇福寺"
複数の建物のレイアウトも中国映画に出てきそう
内部も賑やか感が中国式でした


"崇福寺" から山沿いを寺が並んでいる長崎・・歩こう
発心寺、大音寺、晧台寺、長照寺、延命寺の次が・・
興福寺最古の唐寺”興福寺”
日本黄檗宗発祥の地、隠元禅師初登の聖地
時間が早かったので寺を掃除していた住職さんに
色々と歴史的なお話を聞かせて頂きました。
400年前をそっくり伝えてくれたお寺さんでした。


眼鏡橋撮らなきゃ、ここから歩いて行こう
興福寺から坂を降りてくると中島川に当たり、一覧橋に
めがね橋一覧橋から4つ目が眼鏡橋でした
女子中学生が撮影してます
なかなか移動してくれない感じの状況
一緒に楽しい雰囲気撮らせて頂いたので、
お礼に表参道の缶バッジを差し上げました。


長崎路面電車5日間、長崎と五島を満喫しました
よく動いた旅、お陰で帰京後身体のキレが良い
撮った写真は、2台で1000枚を超え
お土産は、福砂屋の「五三焼カステラ」
それと五島のアジミリン一夜干し

中々行けなかった五島の旅でしたが、GoToがハードルを下げてくれました
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other