Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

年が明けて半月、先を見透す能力のあるリーダー不可避

「専門家の意見を聞きながら・・・人命を・・」と言いつつ、「勝負の3週間」、「年末年始の帰省の自粛」、「8時以降の時短要請」と全て国民への自助努力だけに委ねた政府は、一日7000人を超える感染者を増やし続けている。

Medical collapse増やしておいて、自宅待機の感染者に薬一つ出すことなく自助努力で治せと、医療放棄状態も続けている。

「命を守るって口先だけの政治家ってなん?」

国民に仕事の制限を求めつつ自由に会食する人
「税金で暮らせる人を選挙で選んだだけか?」

全国で医療が崩壊しているこの状況を作ったのは、昨年1月から1年間も、今の医療逼迫状況を知りながら何も手を打ってこなかった政治家に責任有りです。

第一波の学習なく、仕組み不全でコロナが疑わしくも検査や病院に行けない
Pulse Oximeter自助行動としては、疑わしい症状が出た際に、コロナ症状の特長的な”血中酸素濃度の低下”を自身で測って中等症に至らない事が大切と考えて、厚労省の社内利用での許可を得てパルスオキシメーターを30台ほど輸入しました、世界の病院に激励のステッカーを送る「STOP COVID-19 PROJECT」に参加協業するクリエイター達にも社内人材として無償貸与する事に決めた。


🔻 ここからが、ブログを書いた理由

・ 今の現状を変化なく維持できる現場力
・ 先の状況を見通して行動できる先見力⭐︎
別の能力です、ゆえに組織では異なった能力を結集して課題を達成します。

様々な情勢の変化から思い通りにならないのが日々の営みですが
これを先見の目で察知して、やんわりと対応して行くのがリーダーです。
会社を営む代表者であれば100%の経営者がそれを実践しています。

世の80%近くが、「早くやるべき」と思うことを、なぜ出来ない?  
不都合な抵抗勢力がいると思うが、本気度があれば出来る。
それとも、”先が見えない”、想像力を持ち合わせてないのか

”先を見通せない人”の行動といえば、最近では珍しい出来事がありました・・
コンプラ無い会社大手A社が某案件の工事業者を探していたので、知り合いの工事会社B社をご紹介しようと、B社に概要把握の為に「秘密資料と秘密保持契約(NDA)」を送付すると、NDAの返送せずに秘密資料から知り得た情報から直接A社に連絡を入れるアホ行動(ふふ)

A社からその報告を頂き、B社に「なぜ直接電話したの?」と追求すると・・無応答
その後、「1年先まで作業が詰まっていて受注できません」と一方的に切ってきた
当然、NDAも未だに返送されて来ないていたらく
いまどき珍しい、コンプラ意識の薄い田舎の上場企業発見!
経営状態を調べたら、4期連続で赤字決算、親会社からの仕事で息してた(笑)

メールのやり取りが残っているので追求はできますが、暇がない。
規範破り行動は後に問題になることが予見できないリーダーが生きてる(ふふ)

リーダーには、先を見通せる能力(先見力)が必要で不可欠です。

未知のウイルス COVID-19 、このウイルスは細胞に入り込む事が得意、血管を通じて体内を巡る、何処かに留まり増殖の機会を待っている可能でもある、感染した若い人はここから60年近く何らかの疾患からCOVID-19が目覚める可能性を否定出来ないかも、COVID-19は宿主が亡くなっては自身も生存できないのだから・・若い人の身体の方が嬉しいはず。
COVID-19が侵略者ならば、無症状者は仲間を広げる侵略者の手下かな
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other