Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

産まれる前?幼少期はどう?を振り返れる「夢の図書館」に

今、趣味や仕事で関わっている分野について
自分が産まれる前は?幼少期はどうだった?が振り返れる?
「夢の図書館」に行ってきました。

今日は18日、観音様の縁日です、朝、浅草寺に行くと・・
そうだった、神輿が浅草中を練り歩く「三社祭」の日でした。
今日(19日)は、”本社御輿”三基が町中に出ます、是非、浅草に

神田駅でJRに乗り換えて・・立川経由”東青梅駅”に向かいました

夢の図書館約100年分の技術雑誌があるの?
そうです往年の子供やマニア向けの技術雑誌が
所蔵されていて読むことが出来る夢の図書館です。
雑誌だけでなく、技術大好き少年が通った道の
アマチュア無電機やマイコン機も並んでいます
タイムスリップ出来る事間違いない施設です。

場所は、青梅市”東青梅駅北口”から歩いて3分程度の便利な場所です。
因みに、有料になっていますので、一度、ご連絡してから行かれて下さい。

私も、タイムスリップ体験してきました
創刊号が子供の頃に読んでいた雑誌が
小学生時代は、「子供の科学」を父から与えられ
中学に入ってからは、「ラジオの製作」にハマり
高校からは、アマ無線にハマり「CQ」を読んでいて
入社後は「トランジスター技術」で知識を蓄えました


自分を育ててくれた雑誌の”創刊号たち”です
勿論、初めて”触れて””読み”ました。
ネットで表紙は見かけますが、その中身が読めるんです。

科学書報の創刊号初めてと言えば、「この雑誌」

産まれる前の技術雑誌って?「どう」って
奥の書庫から出してきて頂きました。

1923年4月(大正十二年)発行の「科学書報」創刊号
「うっ、九十六年前の本、古」ですね。


この本で目を止めた記事はと言うと・・・
1923年の技術記事あのアインシュタインの来日後の記事
記者によれば、
多くの聴講者が話を熱心に聞いていなくて(同時翻訳ないし)
来日時の大歓迎とは裏腹に、出国は寂しい見送りだったそうで
日本での「相対性理論」への先行きは?
「この先、どうなるんだ」・・だったそうな

研究者達の嘆きの情景が見えますね(笑)

次に、目を止めた雑誌が ・・
科学知識1925年夏号1925年(大正十四年)発行の
「科学知識」夏号です。
夏休み、蝉の声を聴きながら、木洩れ陽の下で
情報の少ない時代だから本は貴重でした
未来に夢を膨らませながら
読んでいたんだろうなぁ



この本で気になった記事を・・
1925年夏の技術記事最新都市交通を調べた記事
東京都(当時は東京市)の職員さんか?
海外の地下鉄やモノレールが紹介されています。
今から、94年前の東京です
鉄道マニアは居たと思うので・・
ワクワクしながら読んでいたのでしょうね。



それと、ふと目がとまった記事
1925年夏の技術記事アメリカの「超高感度短波受信機」の分析記事でした
回路図と特徴的な動作概要が書かれています。
・バンドスプレッド方式の採用
・信号対雑音比(S/N比)の改善
・胸部発信機の工夫などなど
約100年前の話ですから・・・

この後、日本は悲しい戦争を体験しますが、この通信(暗号も含めた)技術の差が「決定的な敗北」に繋がります。作戦とは本部が作り上げる実施計画ですから、その内容が素早く正しく伝わらなかったり、内容が漏れたりすれば、手の内を読まれてひとたまりがない訳です。
これは、今の時代にも言えますね。

この「夢の図書館」の売りは、100年間の雑誌だけでなく

憧れのマイコンも往年のマイコンが多数展示されています
写真は、コモドールのPET、アップル社のApple-II
共に、憧れのマシンでしたね、手に出来る人は僅か
これ以外にも、製造メーカーさえ驚く機材が・・
公的な展示会より濃いです、必見の価値あり


ちょっと驚きの機械も、展示されていました・・

レジスタと銃ってそう機械式の計算機です
製造メーカーは、ワルサー製とレミントン製
「ン?」聞いたこと有りませんか?、会社名
そうです、両者とも銃の製造をしています。
レジに強盗がきたら反撃するオプション?
・・で銃も作って売ってる?「違います」(笑)

「夢の図書館」わくわくで満載で時の経つのも忘れました。

因みに、この図書館の主宰(吉崎氏)はマルチメディア創世記に出会った知人で、往年のマイコンを見ながら、当時のエピソードを話したり、楽しい一日を過ごしました。

是非、一度訪れては如何でしょう、お勧めします。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

待ちに待った連系回答書が届く、新しい青海展示場に行って見た

再生可能エネルギーの発電所建設において、電力系統に接続をする為の技術的課題を検証する接続検討作業、度重なる接続方法の変更により4ヶ月も伸びて伸びた回答がやっと届きました。

1回目:77kV(1km)系統に接続検討->容量が6割程度に低下する(再検)
2回目:154kV(0.3km)系統に接続検討->鉄塔が複数必要に(再検)
3回目:154kV(0.3km)系統に位置変え検討->塩害含め保守コスト高に(再検)
4回目:154kV(0.3km)系統に地下方式で接続検討->これでOK(回答)

20年間の設備利用を考えると、結果的には良かったと考えています。

回答約束の日の今日朝、待ちきれず電力会社に電話してしまった
「本日回答日でしたね、回答の送付をお願い・・」的に

・・と、再エネのコンサル的作業もしている私ですが、
東京ビッグサイト「 IT Week 春2019」に行って来ました

ITweek2019今回初めて青海展示棟に行きました
”ゆりかもめ”「お台場海浜公園駅」徒歩5分
仮設っぽい建物で天井も低く狭い感じ
建物内にレストランも無くて (--);
近くの VenusFort で昼食、正解でした。


東京ビッグサイトの東棟が使えない理由は、オリンピック期間中のプレスセンターに利用する為に、現在、改修工事中ゆえらしい

会場は、多くの方々が訪れてましたが大人しい空気感
『なんでだろう?」

会場を見渡すと・・AIは当然の様に、RPAが全盛だ
RPA(Robotic Process Automation)は、作業の自動化ソフトウェアのこと
例えば、パソコンを使っての定型的な入力と整理分析での出力作業とかの一連の作業を、自動で仕上げてくれるソフトで、昨今の働き方改革「作業の効率化」の波に乗って爆発的に製品提供する企業が増えてました。
狙いは良いけれど実現出来ている分野が「ここか」の感じで、今後の成長期待

この考え方は、製品開発にも役立つと思いました。

ITweek2019足を止めたのは、"NTTデータ数理システム"のAI分析のツール群です、以前から興味を持っていた会社さんで学者さんイメージが強かったのですが、かなり下に降りて来て(笑)サポートの中身が充実してきてチョット使ってみたいです。


同様に興味を持ったのが、BIツールを提供している"LOOKER"ですね、むりくりGUIで実現しようとする製品が多い中で、スクリプトで構成されているので分かりやすい(プログラム経験者ゆえ)ですね。GUI思考の製品は、「このQuery変数部分だけ直して」的な修正を考えた時に、Query変数の格納場所を解析しないと出来ません、その探査時間がとても無駄なので・・スクリプトを最初から公開してくれた方が分かりやすいのです。


ITweek2019ふと共感したのがゲーミフィケーションの考え方です。ユーザーにゲームを続けて頂く為には演出も重要ですが、モチベーションの維持「課題」「報酬」「交流」の流れがとても重要、これを業務アプリに入れ込んだのが "Skywalker"さん


これは、当方の全てのコンセプト作りの基盤になっている考え方で「ワクワク感を如何に盛り込むか・・」なのです。


ITweek2019最後に、マニュアル自動作成ツール "iTutor"に、ちょっと引かれました。
簡単にマニュアル動画が作れるとの事です、使ってみないと分かりませんが無料トライアルがあるので、時間を見つけてやってみます。


今進めている60歳からの超超入門電子工作講座をYoutubeに乗せようかと考えていますが、手順を撮影して更に説明ドキュメントを作って・・「わー大変」と思っていた矢先なので(笑)"iTutor"使えるものかどうか試したい。

・・と、色々有りました。
初めての青海展示場でしたが、 VenusFort もトヨタMEGA WEBも近いし楽しい時間でした。
今日もよく歩いた「良か良か」
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

令和始めは足を鍛えて、1/14万で一生一度は皇居二重橋渡りも

5月1日 令和に入ったと言っても自身の環境が変わることがないので何も変わりません。ここは自身の行動に変化を与えて”出会う事象”を変えていくことこそ、新しい元号を頂いた人生の楽しみだと考えます。

・・という事で、「新天皇即位の儀」のテレビ中継を観て・・よし、ここは天皇家の大きな”気”の変化を賜わろうと考え、歴史ある儀式の空気感を数百メートルの距離で感じる為に皇居まで行くことにした。

「あれ、笑ってます?」
”気の変化を賜る”と、”空気感を数百メートルの距離で感じる”の部分でしょうか。
これは、科学的に意味ある行為なんです(笑)

人間は地球上の元素で出来ている事はご存知の通り、元素は陽子と電子の組み合わせで物性が変わるだけ、全ての元素は振動をしていて、何らかの理由で物性変換があると放射線(電波)が外部に出ます。

もう一つ、脳波が微弱電流である事は知られていますが、電流が流れると抵抗成分とリアクタンス成分が現れます、リアクタンス成分にはコイル(巻線)と同等の動きが考えられ電磁波(電波)が発生します。

二つの電波が身体外に発せられている現象は科学です。
特に脳の動きに合わせて変化する脳波を検出しその意味を判断する研究は進んでいますが、その変化を機械でなく人が感じてもなんら不思議がないのです。例えば「人の気配」とか、「ピンと来た」とか、「気のせい?」かなってあるでしょう。
SNSなどネット越しでは伝わらないが、同一空間に居ることで伝わるのでは科学です。

「その場に居ることは科学的に意味が有る」・・です。(ジミーの勝手論)
何言ってんの説明が長すぎましたね。(笑)

 sokui day11:50分 東京駅に到着
普通に人がいます、駅だから
テクテクと皇居に向かいます。
12:18分 皇居前広場に到着
規制線が、皆さん、どなたかを待っている感じ


 sokui day12:28分 急に慌ただしくなった
プロ・アマ入り乱れての撮影合戦(ふふ)
人垣で脚立なしでは「なんもできねぇ」
一瞬、白バイと御料車が通過したようでしたが
「なんも見えない」(笑)


 sokui day12:35分 区域の規制線が解かれて
丸の内警察署見張所付近に人が溢れてきます
我先にと記念撮影を争っている感じ(なんで?)
海外からの報道の方々がインタビューしています。
「マイクを向けられると困るので離れます」(笑)


さて、当初目的の「即位の儀」の"気"はバッチリ頂きました。
形の無い”気”を家に持って帰るには、電車では「あかん」だろう

 sokui day健康思考・・で、家まで歩くことにします。
内堀通りを北に東京消防庁の所で右折し大手町へ
経団連ビルで日比谷通りを左折、ここからは真っ直ぐ
首都高神田橋ICでの渋滞情報を見る「40km」
神田明神、上野公園、下谷神社を経由して
約2時間で帰宅しました。

5-1mapこれが歩行マップと心拍数
途中、恋路坂で「鯛焼き」焼き上りに6分待って
神田明神ではスタッフと令和を語り合って
上野公園では大道芸人を見たりと
タイムロスはしましたが・・「気」運びました。


5月3日、「今日は暖かい日です」とテレビで言うので、 Nikon Z7を持って、
令和バージョン・インスタグラムの素材撮影にと、久々にポタリングするか

特に目的地はなかったので
とりあえず台場のビッグサイトを目指してGO!
pottering
途中、豊洲でおにぎり食べて、VOLVOでV40観た
ビッグサイト付近で政治集会なのか?警備が大勢いる
台場、撮影ポイントが無くて・・夢の島公園に向かう

pottering写真上:台場のビッグサイト
写真下:夢の島公園に到着、黒い雲が広がっていて
思う構図で色味が不満足で、結果撮れませんでした。
約4時間半かけて25kmを走りました。
心地いい疲れがきもちいですね



5月4日、今日は令和最初の一般参賀とのこと
偶々、マンションの下でマンション管理会社の方にお会いして
「長い連休、今日はどうするんですか」とか聞かれて・・
「人生一度、皇居の二重橋渡りたいな」と答えた事をキッカケに
一般参賀に行ってみる事にしました(笑)時間は10時半過ぎ

sanga day11:18分 東京駅に到着「天気いいなぁ」
皇居に向かう人の列が見えます、国道1号を渡った所から行列が始まりました。
12:03分 トロトロ40分、途中、日の丸国旗をもらって、やっと内堀通り規制点に到達し皇居前広場に
手荷物検査テントに到着

手荷物検査を通過すると、12:08分〜 2000人単位位のグループ列に誘導され待ちに突入です。天気が上々過ぎて脳天が暑い(笑)、日射病になる気温ではないが陽射しが強くて日傘or帽子は必要でした、僅かな救いは雲があった事で時折陽射しが弱まり助かりました。


sanga day13:24分 グループ列が動き出しました
ゆっくりと正門石門に近ずいていきます。
3方向からグループ列が合流し石門に入っていきます。
上右写真が、正門石門から見た皇居前広場です。
正門石門を渡り右にカーブする様に進むと
念願の二重橋(正門鉄橋)が見えてきました。

sanga day”人生に一度は渡りたい皇居二重橋"を渡ります。
写真上左:皇居二重橋から見た皇居前広場です。
先に大きく長い”皇居宮殿長和殿”が見えます。

江戸城・西の丸玄関門をくぐると、大勢の人人
TVで見慣れた光景がありました(ふふ)

14時丁度 天皇陛下がお出ましになり、お言葉をいただきました。

参賀の光景を目の当たりにして、これが天皇家と平民なんだと感じました。
世の中には自分とかけ離れた人は多い、以前の仕事の関係で、大会社の社長、ノーベル賞学者、元総理大臣の方々にお会いしてきましたが、今日の感覚は全く違う
1986年にJobs氏に会った時の様に、DNAの振動数が違う気がした(笑)

自身としては、「皇居二重橋」を渡れた事で大満足してます。

sanga dayイベントが終わって、皆さん、帰路に
折角の皇居からの帰路だから・・空気散策
観光的には乾門、早く帰りたい人は坂下門と大手門
私は、皆と同じはつまらないので平川門を目指します。
江戸城百人番所の門から外は、いつでも来られる所


平川門 人居ない(笑)さっきの騒ぎは何だったのかと思うほど
遠く聞こえる雷鳴と共に、とてもいい時間を過ごしている気分です。
雨が降り始めそうなので・・経団連ビルから地下に入り東京駅へ
OLD STATION でビール飲んで肉を食い、腹を満たして帰宅

この3日間、歩いて、自転車乗って、立ちんぼで、よく脚を使ったなぁ 
人間坐ってばかりはよくないのだ・・令和 坐ってないで動きましょう。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

令和時代に意識すること(ひらめき)令和元年 05月01日

令和元年 05月01日 朝 7時23分、夢の続きで脳に浮かんだこと
令和時代に意識することかと思い、記録として書いておきます。

「動き(時)を意識し葉とすべし」

自分でも意味が分からない、思うに・・その意図するところは、
零+零+零+零+零+零+零+零= 0
零が8つで”レイ八”(これは冗談;笑)

零の和、算数的に解答はゼロですが
この文字列のエネルギーはゼロではなく値を持ちます

「零+零+零+零+零+零+零+零= 0」と
書いたり話すことで様々なエネルギーが使われますが、その消費したエネルギーは、この「文字列」に蓄えられます。

次に、この文字列を見たり聞いた人は、「何?」と考え脳が答えを探し
何らかの動きを行うので、エネルギーが伝搬したことになります。

話や歌を聴いたり作品を見て「パワーをもらえた」って言うのも、
あながち外れていませんね。

人は互いにエネルギーを与え合っていますが、この令和からは、よりエネルギー準位の高い「動き」を伝える様になります。モノを動かす事で情報量を増やし自分の意図(物語)を伝える事が容易になるからです。

SNSやWeb等も益々動画利用が活発になると思います。
動画で伝える際の注意点が、それは意図しないエネルギーが伝達される事が多々あります、背景に映り込んだモノやコトが高いエネルギーを持っていると貴方のエネルギーは半減します。

ここまでお読み頂いて進んでくると・・何となく気付かれたことと思います。
そう、伝達エネルギーとは、「深層(心)」に与える衝撃量ではないだろうか?

衝撃量とは「値の強さ」です
人は何かを認識すると、その特徴点を捉え加点(neuron化)し特徴値とする。特徴値は無意識に目や耳から入ると加点し、意識的に体験すると加点するので日々増加する。その加点するタイミングで特徴値に応じて深層に伝搬する、特徴値が大きいと脳への衝撃量も強くなる。
(まるで見てきた様に書き綴りますね;笑)

neuron特徴値は、別の特徴値と繋がり網を形成しているので、他の特徴値の変化でも加点します、それらを含めて取り出す情報単位を特徴量としてます。(勝手論)
私たちの生活での動きは、全て心理(脳)から指示され
行動を決めています。
二択で決められない人は特徴値を加点できてない人

因みに、脳はスマホ(ハード)で心理はアプリかな

心理を刺激する端末(スマホ)が生活に浸透し真偽陰陽善悪が混在し熟してきたので、脳はいち早く動き(意図)が欲しくなるのだと考えています。

ここから、多くの人が ”動き”の表現を模索始めることでしょう。
(インスタの”映える”を探す様に)

「TikTok」とかは、感情を刺激するエネルギーに満ちていますね。

飾ってある写真や模型が動き出したら・・何かが変わるかも
いつも家にいるあなたが外に出たら・・・何かと出会うかも
スマホで何か見つけたら実物を見よう・・何かを閃くかも

”木々が脈々と葉脈を通じて養分を葉全体に広げる”様に
「動き(時間軸の変化)を持って自身の考えを広げていく」的な意味と考えます。

「なんの事?」とお思いになるでしょう。
「僕もまだ漠然としています」
そもそも、夢の閃きに論理性や理屈などないので、ご容赦を

起き出して、作ったイメージがこれです・・
令和時代に意識すること モノが動くにはエネルギーが必要
=動きで心が変化するのはエネルギーが伝達されたこと
無機質なモノでも動くと心に響く
求む動作は単一機能を持つ部品の集合体で実現できる、能動的に動きを持続したいなら CPUとcode が必要で、自律的な動きを望むなら人工知能を使うが良い

集合体には異質なものの存在や種の混在するケースもあります。
それらを組み合わせて ”MADE” するとGOLD「金」に変わる。

異質なものや種の異なるものと積極的に和をつくる事が大切。

そう、令和時代は、動きを取り入れ異質なモノ(者)と行動する時代になる。

主婦でも高齢者でも”留まる事なく皆が動ければ”地域は活性化する。
その為には「安価で安心して動き動ける環境」を準備することです。

留まっている「モノやコト」に意識と興味を持って・・”それ今考える時”です。
「これを動かしたらどう伝わり何が変わるか」を考えます。

「良く分からないですか?」(ふふ)
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

 今日から「令和」、平成三十年間を振り返る(長編です)

いよいよ平成が令和に移りましたが
平成の30年間に関わり合った出来事を振り返ってみました。

平成30年の日誌記憶から薄れた情報は、この日誌から
30年間、ずっと書き続けてきた日誌です。

前職から退職・起業しての今の職までの流れ
我ながら長々と続けて来たものです。


30年前の平成元年当時・・自分は、何をしていたんだろう

1998年2月平成元年 1998年の出来事
二月の第二週と第三週のスケジュール
そうなんだ、こんな事してたんだなぁ(笑)

(30年経ったので相手方社名も消してません)


平成元年(1989年)
FM-TOWNS
CD-ROMでのソフトウェアタイトルを多数発表し
幅広いオーサリング・システム構築の実績から
富士通(株) Multimedia PC「FM-TOWNS」の
オーサリング・システム開発に関わりました。


平成2年(1990年)
Amiga500
米国Commodore社の Amiga500 をベースにした
MultimediaPlayer「CDTV」の日本語化を担当
フィラデルフィアの米国コモドール本社に行き
ノーラン・ブッシュネル氏に普通に会えてました


平成3年(1991年)
CD-I player
オランダのフィリップス本社に出向いて契約交渉
Authoring Systemの独占的販売権を頂きました。
CD-I 「生駒佳与子さんのゴルフ」タイトルを制作
ゴルフ場での撮影は、新鮮で楽しかったです。

平成4年(1992年)
フィリップス、ソニー、松下電器や電子出版協会と共に、
CD-I(コンパクトディスクインタラクティブ)の普及活動
通産省『マルチメディアソフト振興協会』
のマルチメディア標準化委員長 を務めました。

平成5年(1993年)
LaserActive
パイオニア社ゲーム機 LaserActive 装置のタイトルと
Authoring Systemの開発を行いました。
LaserActiveタイトル「ロンドン探偵記」制作で
古い城を借り切っての撮影はメチャ楽しかったです。
共同制作「The Great Pyramid」で吉村先生の影響大


平成6年(1994年)
Infini Entertainment Technology
ゲームを追求したくて起業し独立しましたが、社名は「The Great Pyramid」の影響から無限の InfinityとPyramid でシンボリックしました。
併せて、インターネット創世記に女子向けサービス
「CLUB CALEN」を始めましたが早過ぎました(笑)

平成29年(2017年)に「CLUB CALEN」を復活させました。

平成7年(1995年)
VFX KURA
起業のきっかけは、映画の特撮への憧れでした。
京都の太秦撮影所の所長と知り合う事となり
劇場映画「蔵」のデジタルSFXを担当させて頂き
日本初の Dynamic particleで効果を実現しました。

NTT B-ISDN ATM-Network (京都ー東京)実験に参加
通産省『マルチメディアソフト振興協会』の
ネットワーク協業実験委員として活動させて頂きました。

平成8年(1996年)
GAME
スタッフも増えてゲーム事業が軌道に乗りました
SONY PlayStation、SEGA SATURN のゲーム制作
国内最大のCD-ROM8枚組「Phantasm」タイトル
予約1万枚が「リアル首切り魔」出現で・・破綻した
劇場映画VFX合成でも「ガメラ」を担当しました。

成9年(1997年)
Fore System ASX200
NTT 154MbpsATM光回線遠隔協調実証実験
京都ー東京間をB-ISDN で結び協業実験

通産省『マルチメディアコンテンツ振興協会』の
国際委員会委員就任で SIGGRAPH と接点ができた



平成10年(1998年)
SEGA DreamCast の3DCG格闘ゲームタイトル制作
世界初 Pixar社RenderManにてアニメ・セルシェーダ開発

SONY PlayStation アニメタイトルのゲーム化受託で発注会社が倒産して債権四千万円を失い、ゲーム制作事業から撤退するキッカケになりました。


平成11年(1999年)
ZARD GUEST PASS
「ZARD」洋上コンサート映像制作を担当
ゲーム制作、映画の合成作業が主力作業でしたが、
この時期、CMディレクターが在籍していて
CM映像制作の仕事も受けていました。
そんな中で・・
モーション制御カメラの魅力を感じていました。


平成12年(2000年)
Motion Camera
沖縄県に面白事業を提案する機会を得て・・採択され
英国MRMC社製モーション制御カメラを沖縄に設置
特撮スタジオが作られて活動を開始しました。
続く様に、デジタル・アニメ工房を設置計画を立案
「TAO糸満マルチメディアテクノセンター」を開所


平成13年(2001年)
Use Motion Camera
経産省「モーションカメラ利用特撮映像制作(円谷映像)
世界最大のモーションカメラが沖縄に設置されましたが利用者増えず・・で経産省が映像制作者を募集
北谷町で映画祭「FSXフェスティバル2000」を主催開催
ニッポン放送のデジタル放送 LFX488開始を受けて、
インターネットカフェ@CAFF が沖縄から番組提供


平成14年(2002年)
「糸満MMTC」拠点にアニメ映画「なんくるエイサー」を制作
募集1000人以上の応募が有り、タツノコ・プロの講習会など
最終的に50 名余が教育を受けて、本タイトル制作に従事した


平成15年(2003年)
APECお土産
中国政府主催「APEC」SMESA会議(寧波)に参加した
中国北京市役所の友人を通じて打診された(即OK)

沖縄北谷町に「北谷メディアセンター」が建設されて、
データ変換機器設備を利用し電子書籍の制作


平成16年(2004年)
中国北京市「北京広告公司」中国デジタル放送技術者育成
北京市を中心に、中関村とか中国に接点ができ始めた時期

神宮前スタジオ事務所→川崎スタジオと赤坂本社に移転
並列スーパーコンピュータ利用の携帯ゲーム「夢惑星」企画

平成17年(2005年)
「INFINI MAGIC」スタート (技術志向のコンサル業務)
中国北京市の「北京華星堂国際資訊有限公司」COOに就任
川崎「Future Image Studio City」NPOを立ち上げ推進
スパコン連動宇宙バトル携帯ゲーム「夢惑星」企画推進


平成18年(2006年)
Queensland
超小型サーバー開発会社経営支援(UNIX,Linux)
高いセキュリティと停電時のデータロス防止機能が売り
某財団ファンドの投資案件立案とコーディネート業務
「VOWCLUB」シニア世代の3rdAge倶楽部(豪州)
クイーンズランド州に注力して活動


平成19年(2007年)
EBOX Create Company
電子玉手箱を創造する“「EBOX CREATE」共同設立

360度動体監視カメラ装置
超並列プロセッサー装置
負荷を融通し合うバーチャルサーバー装置
小型Linuxサーバー装置などを開発販売する会社


平成20年(2008年)
超並列プロセッサー基板
遠隔更新機能・超並列プロセッサー
;特許出願(特願2008-264863)
SaaS対応全方位マーケティグカメラ
;特許出願(特願2008-264864)

FPGAと超並列プロセッサーを組み合わせた基板でLinuxで動作
FPGAソフトウェア開発はオーストラリアの大学教授に依頼した

神奈川県鎌倉市鎌倉山二丁目五百坪の不動産物件の契約を行なったが、リーマン・ショックで金策が詰まり手付金一千万円を失い破談

平成21年(2009年)
2009年誕生日ごろの日誌
「インテレクチュアル・プロパティ株式会社」設立
知的財産の大切さを伝え特許案件を生み出す会社
高齢者向け脳活性遊戯装置の開発調整
中国瀋陽経済開発区ITS工場技術導入
(当時、夏頃の日誌です)


平成22年(2010年)
2010年5月連休時の日誌
新素材、化粧品、空気清浄機等の事業化支援
米国Intellectual Ventures に登録 (特許創作業務)
指示されるテーマに沿って特許案を考え提出

11/22大腸ガン(S4)が見つかり12/9に手術した。

平成23年(2011年)
未曾有の東日本大震災が発生(M9)

福島県で夢あるプロジェクト提案
・プロジェクトデザイン(融合電化都市)立案
・プロジェクトデザイン(電動コミューター)立案

大腸ガンの転移防止化学療法の為にポートを入れる手術を行う


平成24年(2012年)
震災被災地福島の復興への2000億円(リニアカー) 提案
福島のR汚染からの復興に林業活性化策六次化推進
インドネシア向け廃棄ゴミ発電所の設置コンサル
固定買取制度に合わせ太陽光発電所の設置コンサル

平成25年(2013年)
種子島千年木
FITでの太陽光発電所の立地コンサルティング
(海外投資家からの依頼が増える)
種子島森林組合の振興策(千年木材工場立地)
福島県内森林組合の振興策(千年木材の生産)


平成26年(2014年)
ChuChu Projects
株式会社アニメンタル・スタジオ(表参道に移転登記 )
「VOGUE FASHIONS NIGHT OUT 2014」参加
FITでの太陽光発電所の立地コンサルティング
(海外投資家からの依頼が増える)


平成27年(2015年)
IoTスマート店舗(米国TIのセンサー)コンセプト
3Dプリンターの導入でキャラクターグッズ事業
ソフトバンク ロボット「Pepper」 KickOff に参加

日本農林資源開発株式会社(JAFRD)の 設立
再生可能エネルギーの推進と土地の利活用を推進します。

平成28年(2016年)
一般財団法人高齢者技能活用機構の評議員に就任
希少コラボ商品の開発とEC販売
AI店舗用接客ロボットの開発と販売

平成29年(2017年)
Club calen Logo
「CLUB CALEN」事業(オリジナル商品と旅企画)
自身の目標に向かうおしゃれ女子に注目して
オシャレグッズ製造販売、体感型ハワイ旅の企画販売
On/Offを楽しむ女子の撮影とスタイル・ブックの出版

自動運転仕様CMX「AIMO」デザイン&実証


平成30年(2018年)
Robot事業
求められるロボット達ってどんなロボット?
多言語インタフェース+一緒に遊べるロボット
国際ファンドとの接点作りに英国とUAEにも出向く
木質バイオマス発電所の立地推進業務を受託
(海外投資家へのコンサルティング)


平成31年(2019年)
ov60club
60歳からの電子工作倶楽部「ov60club」 推進
地方の困ったを解決(自動運転除雪機を設計)
CALENの企画としてハワイとプーケットにて撮影
今こそコ・ジェネで 癒し系バイオマス発電所を推進
地方の困ったを解決(5G+IoT+AIの力で地域持続を)


30年間、国内外問わずに色々やって来ました
1)電子機器の設計・開発
2)ネットワーク利用技術の実証
3)コンテンツ制作(ゲーム、映像デジタル合成)
4)地方振興策の立案と具現化
5)再生可能エネルギー施設(太陽光発電、バイオマス発電)の立地

退位礼生殿の儀天皇の退位礼生殿の儀
歴史的なビッグ・イベントを4Kで観る事ができた。
4K,8K,IoT,AI,5G 技術ネタが溢れかえった平成時代
令和では飛び抜けた利用法が求められる事でしょう。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other