Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

誕生日、曇天ゆえに九頭龍神の箱根に行こう

2019年の誕生日、23日 前日からどんな日にしようかと考えていましたが、天気が悪い事が分かっていたので・・悪天候がBESTの場所、思考した結果=箱根の九頭龍神が浮かびました。

悪天候の時こそ九頭龍神のパワーは強まる。(と聞いた気がする ^^ )
今、”山奥の木で発電”と”ダム湖ロボ”への取組みをしてるから(も有る)
国にかかわる事業を進めるとき箱根の神が守護神になる。(と聞いた)

7:00 まだ早いから希望の電車の座席が取れるかな?
どうしても10時発「スーパーはこね13号」GSEに乗りたい、
この電車の切符が取れなければ行くのはやめよう(来なくていいって)

5日前の18日は墓参り・・両親に上に書いた新たな取り組みを報告した
墓参り夏の墓参り日和というか・・めちゃ暑い日だ
7時に浅草寺を参拝して線香を譲って戴く
親父は、幼少の頃、浅草寺で遊んでいたそうで
その時の香りを届けようと・・浅草寺の線香
花は、左右の花の色バランスを考えて購入


姉貴たちが、数日前に来たのだろう?
花の茎が少しだけ萎れかかっていました
今年は連絡しなかったから、別々に墓参りです。

8Aの座席が取れた「良かった」・・駅で「フリーパス2日間」5700円を購入
ロマンスカーGSE新宿に着くと13号は”満席”となっていました
私は、「13号」の列車番号に惹かれたのですが
皆さんは、最新のGSE車両に惹かれたのでしょう
10時00分 出発
乗ってみると、広々明るく、さすが新型車両
とても快適に、箱根湯本まで、あっという間

11時24分 箱根湯本駅に到着
箱根登山鉄道箱根の天候は、小雨程度
ここからは、スイッチバックの"箱根登山鉄道"
「強羅駅」に向かいます。
途中、3回のスイッチバックが行われ
運転手と車掌が都度交代します(楽しい)

時計を見ると12時を少しまわった所なので、「彫刻の森駅」で途中下車
雨でもいいから行って撮ろうと・・駅を降りると雨はやんでいました。

彫刻の森美術館50年目を迎えた"彫刻の森美術館"
30年ほど前に、テニスの帰りに来た覚えが・・
思い出は、とても広いイメージでしたが、
今回、歩いて見たらそれ程でもないかも
建物には入らなかったので・・

彫刻の森美術館時折、青空が見え隠れの天候
カメラマン的には、いい写真が沢山撮れた。

でも、一人は寂しいなぁ(ふふ)
カップルと来るにはいい場所だね


彫刻の森美術館曇天は、色のトーンが落ちてしまいます。
そんな時、露出を変えて複数撮影し、それを合成
すると、一味足した絵が出来上がります。

HDR撮影で満足できない時には、是非


食事もせずに、約1時間歩き回って・・撮影三昧
再び箱根登山鉄道で、お隣「強羅駅」に向かいます。

「強羅駅」からは、箱根登山ケーブルカーで早雲山に向かいます。
箱根ケーブルカー少し待って、13時54分 出発
周りは海外から来た人たち
分かりやすい英国の方と、欧州のどこかの国
言葉の判別ぐらい多国語ができると嬉しい
10分程度で「早雲山駅」に到着

駅に着くと、ちょっと違和感のある職員の動き・・
駅舎の工事はしているのだが・・そこじゃなくて

”箱根ロープウェイが運休中”って事・・「早く言ってよ」
そういえば、箱根登山鉄道(箱根湯本)で何かアナウスしていた様でしたが・・
車内は、元気な子供たちの声で、全く聴き取れない状況でした。

ロープウェイ運休アナウスで代行バスに乗り換えてって
駅舎から歩いて数十m先にバス乗り場が
14時20分:海賊船の駅 ”桃源台”に向かいます。
途中、霧が出て雨も強くなってきましたが、
約20分程度で、桃源台に到着


ここで、二番目のパンチが「ガーン」船が天候悪化で1時間に1本に減便
やっと昼食行き先も「箱根町港」だけ、「元箱根」に行かない
箱根神社は、「元箱根」の近く
箱根神社の祈祷は、16時が最終「あちゃー」
14時40分:次の出港は 15時30分 との事、
腹ごしらえをする事にした”ふわふわオムライス”


15時30分 さあ、出港時間だ。
海賊船雨は、小雨程度
意外に多くの客がいました・・海外の人が多い
日本人は悪天候で箱根を取りやめたけれど、
海外から来ると計画変更は難しいのかも・・
僕は、あえて曇天の箱根を目指して来てる人(笑)


15時55分 箱根町港に到着
「ヒャー時間がない」
幸いタクシーが1台いた・・「箱根神社の一番上まで行って!」

箱根神社に到着し、社務所で「祈祷を」と発音したのが 16時03分
「最後のご祈祷がもう始まってますので・・」の言葉が耳に入ってきた

これも私自身の時の流れ「運命道」なのです。
ここは「業は始まったばかりで昇殿は今じゃない」のだと考えれば良い
「運命道」は結果を悔やんではいけない、道の未来を創ればいいと思う

箱根神社悪天候と知ってても来た本来の目的は
・曇天の箱根神社の九頭龍神との面談
・九頭龍神の水を頂く
昇殿祈祷はオプション的に考えていたので
目的は100%達成しているので「満足」です。


途中、ロープウェイの運休、船の減便行先変更など有りましたが、その海賊船でカメラ好きのフィリピン人の観光客 Zaldysantosさんと撮影談義したり、神社の参道では浴衣姿(宿の)の不思議さん達に遭遇したり、意外な接点も旅を盛り上げてくれました。


16時44分の「芦ノ湖」です
九頭龍神が強い
雲の中の”九頭龍神”をイメージしながら・・・
今進めているプロジェクトを考えました
「心願成就」
「要するにやるきゃない」です。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

智慧の日、ダム湖調査と「いま優先してすべき事」

今日は、13日、自分で設けた「智慧の日」
いつものように、浅草寺の虚空蔵さま参拝します。

浅草寺時間は、7時47分 ちっと遅い、既に人が・・
観光客の方々が写真を撮っています

「智慧の日」、基本的には、頭の整理です。
人は、意識・集中をしないと必要な知識や技能は育まれません、その意識内容を上手に切り替える事が能力と言えますが、能力発揮するにも、今、自分に必要な事は何?を整理する事が大切で、その日が月に一度の「智慧の日」

先週は、ダム堆積問題を解決したくて、ダム湖の実態調査を致しました。
ふとした知人からの言葉で「ダムの堆砂」に興味を持ってしまい
D-Robo
いろいろ調べたら、この堆砂問題
世界中で困っている事が分かりました
浚渫に焦点を合わせ解決方法を考え抜いて
いくつかのアイデアが固まって来たので・・
「いま優先してすべき事は」・・現場を知る事

7月初旬、最初の現地調査を行いました。
ダムを管理する方々へのインタビューをして、現状を把握
現在行っている浚渫技術も調べて見学もしました。

そこから仮説を立ててデザイン、性能を満足できる装置が作れるのか?
世界中の水中マシンを調べ、類似の特許も調べました。

次なるは・・、対象となるダム湖も調べないと・・・7月末
20190730
様々な確認や手配が必要なのですが
一つ、一つ、丁寧にほぐしていき
最終、現地の役所と調査船の確保に
車を走らせて来ましたが・・


20190730めちゃ最悪の悪天候
ダムに向かう峠で豪雨に合ってしまった
雷と土砂降りの雨の中のドライブ
山の峠の道路が閉鎖されないか心配でしたが、
なんとか目的は果たせました。


8月初旬、いよいよ、調査の届け出の週がやって来ました。
20190805現地に到着する、晴天だ!
調査位置の上流の状況を観察に
数キロ上流の河道はどうなっているのか?
堆砂の中身が有る程度分かるから・・

古びた旅館(ふふ)にチェックインして・・


翌朝、お借りする定期観光船の営業開始前
UnderWater Camera
8時30分から・・機材を運び込んで
予定している調査域について
数カ所に水中カメラを下ろして観察します。

予想水深は、20mから50m

湖底湖底、こんなふうに見えました
シルトが漂っていて白濁しています。
死水域近くなのでデトリタス(生物の死骸)かも
今回は、サンプルを取っていないので不明

沖縄の海の様には見えませんよ(笑)

動画で撮っているので、もう少し明瞭です。


今日は、マルチビーム・ソナーを使っての湖底観察です。
8時、計測機器メーカーのエンジニアが到着「早!」

朝の2時間を有効に使いたいと伝えていたので・・
早めのスタンバイをしてくれたのだ(感謝)
マルチビームソナー
8時30分からの2時間は、装置の取付配線で目一杯
船は、定期運航の業務に入るので・・我々は、休止

12時45分〜昼の観光船の休み時間を利用して
船を運航頂いて、「スキャン開始」

後尾の屋根に朝取り付けた GNSSアンテナが見えますね。
定期観光船
船の左舷に沈めたソナーが水圧で曲がらない様に
船長さんには、ゆっくりと走って頂きました。
約1時間スキャンし、湖底の状況が分かってきました。

仮説から一歩進んだ精度で装置開発が出来そうです。


「いま優先してすべき事」の行動は、信頼構築には非常に大切です。

一方、協業を考えていた土木業者は、東京での仕事が有ると初日夕刻に帰京
深夜に戻ると言いながら翌日も戻らず、最終日の機材撤収にも現れず・・
結局、私が、峠を下りてレンタカーを借りて東京まで運びました。

「いま優先してすべき事」の行動は、その人の優先度を示しています。
明らかに優先度が低いという意味なので、今後のお付き合いは厳しいかな
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

とっても楽しい「Make Fair Tokyo 2019」ビッグサイト

3日からビッグサイトで始まった「Make Fair Tokyo 2019」に行ってきました。
本当に楽しい、作り手(MAKER)と自由におしゃべり,作る楽しさを語り合う
その雰囲気は・・


こんな感じで、科学を楽しむ人達が集まってますね。
夏休みの子供達・・是非是非、見に行って欲しい。

KIDS
ロボットが動いたり
自身が作ったものが動いたり
綺麗に光ったり
子供達が興味を持つ様なこと満載です。


見た目は、単なる削られた木・・ですが
吉野杉の山
吉野杉の群生する森の形を
吉野杉で削り出したジオラマで、
太陽と月を見立てたランプが動いて影を変化させて
ストーリー感を作り出しています。
「ふーん、そうなんだ」とお聞きしたら、
美術系の先生だそうで・・「納得」


3Dの造形と言えば、3D プリンターですが
3D Printer今や、ピンからキリまで沢山の製品が
でも、安かろうで買っても
作りたいものが作れないのでは意味ないし
PRUSA が積層ピッチ0.025-0.05と高精細
新製品「SL1」を発売するらしい

(写真上)は、
フルカラー仕様で2000万円也・・欲しい

フルカラーを導入して、ビジネスモデルが作れるかが「問題だ」


会場のあちこちで、体験教室(Hands On)もMake Fairの売り
Hands On
子供達を中心にプログラミング教室や工作教室が
メーカーは製品普及にもなるので・・
toio(SONY),mBot(makeblock),MESH(SONY),
LittleBits(littlebit),micro:bit(microbit)など等
殆どがグラフィック・プログラムで入り易い


仕事の延長で、自前で機器をつき詰める方もMAKERには多い
Shooting jig
撮影カメラマンのかたは
「たった一人で会見や説明会を中継したい」
複数台のカメラの操作を一人で行える装置
パンチルトからカメラの切り替えスイチャまで
これぞ人間らしい脳みそのMAKERさん(ふふ)


Marineこちらは、水中カメラを突き詰めて
水中で自在に動ける水中カメラロボットを
作る続けているMAKERさん

私めも、まさに水中工作ロボットを開発中で
とても話が弾みました。

NPO団体「日本水中ロボット」を紹介されました。

能力を注ぎ込んでいるなぁと思った・・
HOゲージの模型電車の自動運転システム
Wide Techこの軌道(線路)の中に技術がギッシリ
PWM電圧制御で電車の速度を制御
線路にIoTセンサーを付けて電車の動きを把握
AWSサーバーに運行制御パターンを入れて
センサー情報に応じた運転を行うものです。
幅広い知識をお持ちですね。

能力満載と言えば・・こんな人達ともおしゃべりしました。
能力満載左上の写真は、「からくり仕掛け」で
ボールが転がり続ける工作たち(楽しい)
twitterで見て驚いた工作も有りました。
左下の方は、数十台のカメラを使って
あの「マトリックス」の映像を創り出します。
調整に余念が無い姿が嬉しくなった。

右の方は、会場全体の形状をレーザースキャナーで撮影していました。
レーザーから戻る光の点を3集めて、3D座標で表示する技術です。
30分以上重いゲーム用PCを持って(この写真を撮るのに持って頂いた:笑)
めちゃデカイデータ・ファイルになるので、そのエピソードなども聞いて大笑い
こういう会話が出来るのが Make Fair Tokyo なのです。

ヨタヨタと動く二本足
Blanceこれはバランス・ロボット
凄いですよね。
足は、軸が回転していて、ジャイロで傾きを検出
バランスを取るために回転方向を変えてます。
このロボットがヨタヨタと近づいて来る姿は、
歩き始めの赤ちゃんを連想させられワクワクします。


これは、とても有名な方(真広さん)の作品
Doll tech可愛い人型ロボットの頂点
精密な組み込み技術共に
部品の機構デザインが凄い
それによって可愛いロボットダンスが実現
容姿にもこだわるのがイイですね


これは、バトルロボットです
Robo event中国が発祥のロボットチームバトル
役割の異なる複数台ロボットのチーム戦で
相手の陣地の目標を破壊するのがミッション

日本でも大会が開ける様に大学に声を掛けるも
学生には大きめな資金が必要で、国策で資金を出す中国に、益々、水をあけられる状態が続きます。


国としては大した金額ではないので幅広い視点でロボット技術者の底辺を広げて欲しい。実は使えない応用ロボット開発に資金補助するよりも、複数のロボットを制御するシステムをデザイン出来る人材の方が国のお役に立てると思います。

最後に、ちょっと興味を持った製品ブース
Products
・LチカのLEDをキャラにした製品たち
・テレビ型にカラーLEDを搭載したスピーカー
・バリエーション・ゲームボーイの集まり

それぞれ、カラフルで「イイね」


とにかく、とっても素敵な「Make Fair Tokyo 2019」でした。
次は、MAKER で参加したい
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other