Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

COVID-19感染対策、判断ミスは隠せない(追記5/5,8/8)

(自身のストレス緩和と国家的事件ゆえ記録のために投稿します)

コロナ対策でイベントの中止要請で関係者が打撃を受け途方にくれる中で・・・
今日、政府は来週から春休みまで全国の小・中・高の一斉休校を決めました。
全国母子世帯123.2万世帯(2018年)の方々をはじめ様々な不都合が出ますが、武漢市の様にならない為に必要な策かと思います。

この引き金となったのはコロナ感染への初期対策の「デシジョン・ミス」です。

▼感染国からの入国制限の甘さから全国の観光地に感染が広がりました(結果❌)
▼クルーズ船ダイヤモンド号から安易に下船させ陽性反応者が出ました(結果❌)
それも活動自制要請をせず公共交通を利用して良いとの超甘指示(結果❌)
指導した専門家風アドバイザの明らかな「デシジョン・ミス」
この判断ミスが、全国各地への感染拡大になった事は明らかです。

結果は確実に現れるので、デシジョン・ミスを隠せないのが COVID-19対策です。
隠してもどんどん(結果❌)が明らかになるので”無かった事”には出来ません。

更に、何を考えてか?の「感染数可視化制限」
”感染数値が増えない様にPCR検査を意図的に制限する運用” を開始
▼市中感染が出ている時にも訳の分からない”帰国者&濃厚接触”縛りを続け
悲痛な訴えの患者への"検査拒否"など非人道的な対応が最前線の保健所で発生
「検査難民」の言葉が生まれました(非人道的❌)
この策は、表面上の感染者数値が極小であり功をそうしている。


COVID-19



そして、市中感染を認めると、きわめつけに最悪な施策を打ち出す
▼PCR検査は重症者に限り、軽症者は自宅で様子を診て待機して・・
病気はCOVID-19だけではないのに、熱が出ても4日間は自宅に?
「重症化するまで自宅で待機?」、もはや医療従事者じゃない(❌)

毎日、報道を見る度に、甘い感染防止策にイライラが膨らむ・・判断の甘さの理解ができない、リスク・マネージメントしてない感染専門家って誰?・・判断ロジックが知りたい

私の事業企画コンサルもリスク・マネージメントは必須ですが、人の生死に関わりません。

▼人生で初めて感情むき出しなブログを書いてしまいました。
検査データを持たない判断って?データで企画を練る私には信じられない
=根拠不明でどうして判断が出来るのか?わからん、わからん、わからん
▲このブログは役に立たない内容かと思いますが、ストレスが溜まって(陳謝)

でもでも、人命優先の運用を、別の優先度で進めた事実が同じ日本人として残念、この事件を忘れない為に書き残します。

「ふと思う」・・・・・・・?
このCOVID-19、感染しても症状が軽い?、特に若年層の重症化はないと言う?
「まだ、何も解明されていない未知のウイルスなのに・・」
武漢の公表データからの推測でしょうが、根拠とするには早計では?

ウイルスは細胞に取り付くのでリンパを通じ全身の臓器に影響するハズ
致死率も初期より上昇し、国内では若年患者が重篤化し、幼児の感染例も

・・・ウイルスは「変異」と言う進化システムを持っています。
「思うに・・」
感染しても発症しない人の体内で抗体と闘う過程で「COVID-19は進化」する
無症状の感染者からの感染は、より感染力の強い”COVID-19+”に変わるかも
更に無症状感染者の体内では潜伏感染状態が続き、数年〜数十年後後、何らかの疾病発症からCOVID-19+再燃に至る可能性も、ゆえ、自分は若いから感染は怖くないと考えるのはNG、肺のみならず、心臓、脳、肝臓などの臓器の壊死が確認されていて、余命は確実に減少します。

------------------ 68日目(5月5日)の追記 以下 -----------------------
続きを読む>>
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)

森林火災のオーストラリアに飛ぶ、日本はコロナ騒動始まる

人を謀るコロナウイルスの感染が騒がれ始めた月初から、気候変動による森林火災で苦慮するオーストラリアに行って来ました。寒い日本を脱出して暖かい場所での気分転換の意味合いが一番でしたが、進行案件の海外マーケティングや写真素材撮影を怠ることはない私です。

DEADGING AUSTRALIA今、浚渫技術に興味を持っています。
世界の海洋学研究を牽引している国の一つオーストラリア、当然、浚渫に関する技術も進んでいます。
そのオーストラリアの中でも、私の馴染みの深いクインズランド州の企業に注目しました。
色々、分かりました。

オーストラリアと言えば、全土に広がる森林火災(Bush Fire)
森林火災マップ既に、驚くような広さが焼失しています。
幸いと言えば良いのか・・私が到着した時期は
国の東側のクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州を中心に大雨模様。
青空の海岸を撮りたい私にとっては凹みますが、地元にとっては恵の雨、でも降り過ぎ?


好奇心ボーイ(ジジイ?)の私は、着いた翌日には山に向かいました。
Tamborine Mountain宿泊先のゴールドコースト から
車で1時間ほどの場所にあるエリアに
ゴールドコーストの西側の山々をヒンターランドと呼び、その中でも有名なタンボリンマウンテン
途中木が焦げた後も・・でも大丈夫
セミの合唱がメチャうるさかった(笑)


原始林を上から歩く?「SkyWalk」がオススメです。
他にも沢山の観光スポットが有りますが、山道の90km/h標識に驚き&運転疲れた。

ゴールドコースト は、この景色、温度が25度と居心地G
Gold Coastすっと雨が降っていましたが
いっとき晴れ間が・・・
Harbour Townに居たのですが・・
急いで Main Beach に戻り撮影開始
人も少なく・・いいのが撮れた


model人物を入れた絵も欲しいので
連れをモデルにして
「アラビアン風の女」と題して
撮影しました。


宿泊は、Marriott Vacation Club at Surfers Paradise
Marriott Vacation Club at Surfers いつもの様に、Marriott Bonvoyで予約
ビューも良くて、
広くてキッチンとランドリーがついた
長期の滞在を考えた作りが楽チン
食卓テーブルもあります(^^)


雨降りでも・・・楽しめる場所が・・
Robina Town CenterRobina Town Centre
大きなスーパーが集合しているモール
来ている人も可愛い人が多い(何でだ)
サーファーズパラダイスとは大違い
ハーバータウンとも大違い
おしゃれで素敵なモールでした。

滞在中、日本でコロナV感染が見つかったクルーズ船にオーストラリア人が200人乗っている話題がテレビで毎日映し出されて、帰国してみたら、日本は市中感染モードに入っていた。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other