Jimmy's things idea blog

何かを創りたいと考えている人のブログ

猛暑の”公共DX、IoT、エンタメDX、通信インフラ”展示会

6月とは思えない、都心で35度Cの猛暑が続いています。
29日と1日の二日間、東京ビッグサイトで開催中の展示会に行って来ました。
29日は初日で、数本のセミナーを聴講する予定でしたが、1本も参加出来ませんでした、それだけ展示会での会話を楽しみ意味ある発見があったのかも

毎回言いますが、「展示会は、メーカーにアポを取って足を運ばなくても製品の話が聞けて、普段アポがとれない技術者と直接話が出来る」 お得な時間なのです。

今週は、”公共DX、IoT、エンタメDX、通信インフラ”関連の展示会で、現行業務と連携する製品やサービスの情報が期待できます。

公共DX公共DXの狙いは
従来作業の効率アップと住民サービス力の強化
脱炭素社会への対応とエネルギー消費の改善等
当社のR&A(recognation&actuate)ソルーションを地域に紹介する時に、一緒に提供すると喜ばれるサービスを幾つか見つけてお話させて頂いた。

地域の高齢化対応デジタル化では、健康見守りに加えて気候変動による災害時の情報伝達手段は、今回のKDDIの通信障害を受けて、通信リスクヘッジも思考の中に入れて考える必要が出て来ましたね、”ローカル・パブリック・ネットワーク” LPNの実現で暗号通貨+DAOを使った自律スキームを考えています。

当社のR&Aとは、IoTソルーションで単にセンサー検知してクラウドにデータをアップしてダッシュボードに表示する的なシステムでなく、センサー値を分析(場合によってはAI利用)して認識判断をして、そこから必要な操作を自動で行うアクチェータまで組み込んだシステムで、 "Autonomous System"が、これからのトレンド 「・・と考えています」

今、農業・農村の野外圃場での課題で導入効果の高いIoT水管理ソルーションですが、現場主義でコスパのいい装置を見つけてお話しました、また、AIを使った収穫時期判定の課題に使えそうな chipレベルでのお話も・・・

人感知ソルーションも幅広い場面で要求されていますが、エッジで処理するのは当たり前、それも”マイコンでやる”がトレンドになって来そうです。 Panasonicなどが小型AIカメラ展示してました。

現行業務に直接関係する通信インフラでは、サービスエリア・コスト面積比にこだわりを持っています。 local5Gでは sub6ですがSA装置が幾つか展示されていましたが、まだ高額、当面は、百キロ到達(本当?)のSony ELTRES などLPWAで具現化できるソルーション導入を進めます、次世代 IEEE802.11be(bc,bf)製品に期待です。

大型ドローンドローンの普及はめざましく
幅広い作業への応用が進められています
当然、作業に応じた性能アップが図られています。
この大型ドローンの負荷荷重は30Kg
これまで、運べなかった荷物も運べますね。


プレゼン競争展示会ですから当たり前ですが、
各社の新製品や新サービスの発表の場
その情報を得る為に、ネットでなく展示会に足を運びます、ネットと違い来場者の反応比較が明確に分かるのも展示会の良さですね。
今年は、人だまりがあちこちで見られました。

メタバースやデジタルツインが注目を浴びていますが・・頭に被るHMDが悩み
スマートなHMDVR,AR,XRとHMDを使ったアプリは、ゆっくりですが幅広く浸透してきていますが・・
やっぱりネックは、”HMDが大きくて重過ぎる”です。
スタイリッシュなHMDが展示されていました。これはいい、早速、アプリを考えています、ターゲットは、アパレル &アクセサリーのファッション業界。

いま、VTuberの数は、1万人を超えています。
バーチャルステージ見ていて「なんじゃこれ」的な動きしか出来ないリミテッドアニメキャラもありながら、着実に市場を握っています。そんなVTuberの先にバーチャルアイドルのステージが熱い!!以前から試みられていましたが、ステージ演出のクオリテイがアップしてます。
これを「是非海外でプロモーションしたい」

モーションキャプチャーバーチャルアイドルが良い具合になったのは
そうです、モーションキャプチャー技術の進歩と、GPU性能が劇的に上がってCGの描画速度が上がりキャラクタの動きも滑らかになりましたし、照明とか舞台のリアルタイム演出もできる機能が増えました。


最後に、e-sportsについて
e-sportsわが国のe-Sportsもやっと来たかですね
5年程前、某地区施設の活性策で、e-Sports女子アイドルチームを作って活動させようと画策した時期もありました。当時はマニア色が強くて、クライアントのe-sportsへの事業として判断が難しく実現できませんでした、今からは遅すぎでプラスαアイデアを追加しないと

本当に、今週の展示会は、得るものが多かったです。
状況を見極めながら、それぞれを進めて行きたいと考えています。
接点いろいろ | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< July 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Archives
Profile
Other